英語力の徹底強化が強み、進学率100%、世界で活躍する女性の育成、私立女子校ボーディングスクール: Balmoral Hall School(バルモラル・ホール・スクール)

本日は、カナダのマニトバ州のウィニペグにある女子校のボーディングスクール、Balmoral Hall School(バルモラル・ホール・スクール)にをご紹介致します。一般的にボーディングスクールは郊外の自然に囲まれた環境に立地していることが多いのですが、Balmoral Hall Schoolはウィニペグ市内のダウンタウン付近に立地しているので、ショッピングなども身近で行くことができ、とても便利な立地条件です。

全校生徒の約半数が、世界各国から来た留学生で、また3分の1の生徒がボーディングで寮生活をしています。留学生が多いため、英語教育にもとても力をいれており、また同時に大学への進学率も高い学校なので、留学生が英語力不足が理由で行きたい大学を諦めないといけないということがないように、しっかりとESLのサポートを提供しているのが特徴です。

カナダの大学進学ではIELTSスコアを入学基準として設けられていることも多いため、高校の早い段階からIELTSのチューターサポートを提供したり、留学生が必要としているプラスαのサポートが充実しているので、英語力に自信がない方でも安心して入学ができる、お勧めの学校となります。また、同時に生徒の個性を尊重してStudent-Centred(生徒主体)としての教育方針に力をいれ、大学進学に向けてしっかりと自立できる教育を目指しています。北米やイギリスなどの名門大学がBalmoral Hall Schoolを訪れ、大学の説明会などを開催することもございます。

 

Balmoral Hall School(バルモラル・ホール・スクール)特徴まとめ

学校名 Balmoral Hall School(バルモラル・ホール・スクール)
設立年 1901年
全校生徒数 500名(2022/2023年度)
所在地・州 Winnipeg, Manitoba(マニトバ州ウィニペグ)
受け入れ学年 寮:Grade 6〜
特色 女子校/制服あり
宗教 問われない
学費・寮費用 留学生費用(授業料と寮):$68,150
入学金:$6,500
大学進学率 100%
ESLコース提供 あり
IBコース提供 Primary Years Program (Kindergarten to Grade 5)
日本人生徒数 4名(2023年現在)
受け入れ可能時期 メインの受け入れは9月, クラスによっては1月と4月も可能 (相談に応じて対応可)
先生:生徒の割合 1:15
弊社からの送客
学校設備 学内に設立された寮(ダイニングキッチン付), 物理・科学・生物の実験室s, 2つの体育館, 図書館・学習室, カフェテリア・ダイニングホール, 演劇のステージ, バーチャルアートスタジオ(焼き物の窯),ヨガやダンスなどのスタジオ, オーディオレコーディングスタジオ, デザイン・木工・アートの作業部屋, コンピュータ・ロボット工学の研究室, 川岸の造園されたバックヤード 等
運動系クラブ例 バレーボール, バスケットボール, バドミントン, カーリング, ホッケー, サッカー, アルティメットフリスビー, 陸上 等
文化系クラブ例 ミュージカルシアター(演劇) 、聖歌隊, ジャズ, Model United Nations(外交関係や国際交流を学ぶクラブ), ディベート&パブリックスピーキング, ロボット工学, 生徒会, ユースの社会奉仕活動 等

学校環境・留学生数・英語サポート

・学校周りの環境

ウィニペグ市のダウンタウン付近にあるボーディングスクールなので、お休みの日にお買い物などに行くのにもとても便利な立地条件です。

・おすすめポイント

カナダの中でも珍しく女子校ボーディングスクールです。性別にとらわれず女性がスポーツ、芸術、学問など全ての分野で輝けるよう指導が行われています。とても明るい雰囲気で進学率もほぼ100%を誇る優秀な学校です。大学進学で困ることが無いように非常に手厚い ESL サポートがあることも一つの魅力です。

 

・留学生数(内、日本人留学生数)とESLの提供

学校の生徒数は全体で約 470 名、そのうち 70-150 名前後が寮生活を送っています。 4 〜5割が 約 10 か国から来ている留学生となっています。そのうち全体での日本人の生徒さんは 平均 0-4名程 となり、日本人率は低くなります。ESL クラスの他に、大学受験の時に英語力が原因で進学先の幅が狭まることがないように 在学時から IELTS のチュータープログラムを提供しており、現在までに英語力が原因で進学先をあきらめる、もしくは大学に落ちた留学生はいないということです。

 

 

 

入学条件と願書必要書類

・英語条件

IELTS や TOEFL JR.の受験を推奨してますが ESL コースの提供がありますので、英語力は条件の中には定められていません。

インタビューは必ず必要になりますが、もし現地で直接学校見学された場合はその時に英語のインタビューや必要書類の提出が可能です。または担当者が来日することもありますので、その時にもインタビューが可能です。それ以外の場合はスカイプや電話でインタビューを行います。

・願書提出時に必要な書類

  • 願書金の$175
  • 証明写真1枚(ビザ申請に使えるもので大丈夫です)
  • 過去成績2年分の英文証明書/出席表
  • パスポートのコピー
  • インタビュー用のスカイプアドレス
  • 志願者本人の手書きによるエッセー(ワード1−2枚、添削不可、トッピクは何故カナダに来たいのか、又はカナダでも続けたい趣味について)
  • TOEFL/IELTS いずれかの受験結果

 

卒業後、大学への進学実績例

カナダ

McGill University 
University of Toronto 
University of British Columbia
Princeton University 
など

アメリカ

University of Pennsylvania
New York University 

など

その他

Waseda University(早稲田大学)

Sophia University (上智大学)

など

写真紹介:Balmoral Hall School(バルモラル・ホール・スクール)の様子

 

カナダ国内でも、珍しい私立女子校となりますが、広く国際社会で活躍できる女性を育成するためのプログラムが組まれています。進学率が非常に高く、スポーツや芸術にも力を入れている学校です。学校は楽しくフレンドリーな環境で、先生との距離が近いのも一つの特徴です。キャンパスもウィニペグ市の中心部でダウンタウンのすぐ近くにあり、建物もモダンな作りが取り入れてあるので、とても明るく女子学生にも人気のキャンパスとなっています。

 

 

 

留学生だけではなく、カナダ国内やその地域からの教育熱心な家庭からの現地の生徒も多く在籍しています。勉強面だけではない課外活動や、スポーツチーム、演劇のクラブ指導など、より学生生活を豊かにするアクティビティ活動も大変充実していますので、お子様の得意なことを生かして、多方面でのスキルアップが期待できます。女性のみの学習環境で、のびのびと世界中の様々なシーンにおいて活躍できる人材教育を目指す学校なので、お子様の個性をしっかり伸ばして自立できる教育を受けたい方にはとてもお勧めです。
また、英語力はまだ自信がないけれど、グレード10から何とかボーディングに入り、カナダでの高校卒業を目指して頑張りたい!という気持ちを持っている生徒さんには特にお勧めだと思います。お子様に合った学校選びは留学の第一歩としてとても大切なステップですので、ご興味がある方はお気軽にお問合せくださいませ。
AN WESTHILL EDUCATIONAL CONSULTING(LIVE YOUR LIFE)代表 西岡 彩

 

コロナ禍での海外留学については今いる子たちはどうしているのですか?どんな生活をしていますか?と聞かれることが多いです。今カナダへの中高校留学を考えている皆さんが前向きになれるような体験談が届きました! 愛ちゃんは2020年2月の新学期からカナダの1年 […]

先日パウエルリバー学区のBrooks Secondary School(ブルークス高校)を卒業したKちゃんから、この1年半の現地校留学の体験談をいただきましたのでご紹介させていただきます。この体験談では、Kちゃんがカナダ留学中に見つけた自分の新たな一面、そして留学中にKちゃんが大切にしていたことなどが書かれています。素敵でワクワクする体験談となっておりますので、Kちゃんからいただいたカナダ高校留学中の貴重なお写真と共にお楽しみください♪

こんにちは、カナダ留学・教育コンサルタントの西岡彩です。 コロナも少しずつ落ち着いてきましたが、引きつづきカナダの中高校留学は とても人気があり、2022年9月の公立入学はいつもより随分早く2-3月には 願書の受付の締め切りとなっていましたね。本当に […]

2月下旬の週末、かなだBC州のビクトリアにあるボーディングスクールへ視察に行きたいというリクエストが入ったため急遽泊りがけでビクトリアへ行ってきました!ビクトリア学区、そしてスーク学区に現在いる中高校留学の生徒さんとお会いしてきましたのでそのご報告記事となります。

こんにちは、カナダ高校留学アドバイザー/教育コンサルタントの西岡彩です。 11月も下旬になり少しずつ雨が増えて冷えることが多くなってきたカナダ・バンクーバーです。バンクーバーやビクトリア以外はどこも雪・雪・雪!のようですのでやっぱり西海岸は暖かいです […]

 

最新情報をチェックしよう!
>カナダ×留学×グローバルマインド

カナダ×留学×グローバルマインド

単身のカナダ小中高校留学、親子留学、家族移民、教育移住、、、それぞれの分野で乗り越える壁はいくつかありますが「自由に生きたい!チャレンジしたい!」という気持ちがあれば必ず納得する方向に進むことが出来ます。私と出会ってくださったみなさんが、live your life(自分らしく生きる)をモットーとした毎日ウキウキする人生を歩めるよう常に上から引っ張り、下から支えるような存在であり続けたいと思います。このウェブサイトを見てくださった皆さま、ご連絡いただけるのを心よりお待ちしております。

CTR IMG