カナダ高校留学中の子どもが永住権を取ったら授業料が安くなる?に回答

こんにちは、カナダの教育・移民コンサルタントの西岡彩です。

日本もカナダもコロナの感染者数が増えていますが皆様お元気にお過ごしでしょうか。2021年も引き続き高校留学、大学留学など海外進学についてたくさんお問い合わせを頂いております。

その中で毎月数件ほど「カナダの永住権を取ると大学が安く行けると聞きましたが永住権を先に取ったほうが良いですか?」と親御様からお問い合わせを頂くことが多いので今日はそのご質問にブログで回答したいと思います。

Q: 高校留学生の母です、子どもはカナダの永住権が取れますか?

A:答えは未成年の高校留学生が単独で永住権を取得することはかなり難しい、ほぼ不可能です。まず未成年だけで移民申請が出来るカテゴリーは難民申請など特別なカテゴリーのみです。個人移民をするのに年齢も足りないですが社会人経験、就労経験がないとまず申請出来る移民カテゴリーがないので高校留学中は難しいですね。

Q:カナダの永住権をとったら大学の授業料が安いと聞きましたが本当ですか?

カナダの永住権を持っていると、カナダの州立カレッジや大学は安く行けます。留学生はカナダ現地の学生や永住権を持っている学生の4-5倍の授業料を支払っています、税金を納めていないので留学生枠として授業料の請求が出来るからです。

例えば有名なブリティッシュコロンビア大学(UBC)の一般的な文系専攻で1年の授業料は$6,000程度、日本円で約50万円ですが留学生は年間最低でも$40,000ほどかかります。日本円で330万円くらいなので永住権やカナダの市民権をもっている学生よりも高額な授業料を支払っています。

Q: カナダの大学に進学を希望していますがカナダ永住権を先に取ったほうが良いですか?

カナダの永住権取得に一番近く確実な方法は、カナダの公立カレッジに進んでとりあえず2年のプログラムを終了し3年の就労ビザを得た上で管理職やマネージャーレベルの業務をこなして経験をつけるか、もしくは調理師や美容師など専門的な技術職で数年働き英語力をあげた上で個人移民をすることかと思います。

カナダの州立カレッジ(一部私立もOK)に2年行くとPOST GRADUATION WORK PERMITという通称ポスグラ、と呼ばれる3年の就労ビザを手に入れることが出来ます。特に手に職関連(例えば幼児教育、シェフ、美容師、IT関連)だとあまり経験がなくてもカナダで就職がしやすくその後移民に繋がる可能性は高いと思います。

ただ、上記のようなプランで来られる多くが一度は日本で社会人経験をされている20代、30代の方が多く「移民」が100%目標で「学生→ポスグラ取得」という戦略を立てて来られる方が多いです。

高校を卒業して2年カレッジに行くと年齢が二十歳前後となりますので、特に手に職やスキルを持っていないと新卒でカナダで就職を目指すのは結構難しいことではあると思います。現地のカナダ人でもUBCを4年かけて卒業しても就職がないので、その後2年の専門学校にいってスキルを磨いたりする人も多いくらいカナダの就職は経験とコネが求められます。

大学の授業料は留学生が現地学生の4-5倍は支払っていますのでカレッジでまず2年終わらせて就職し永住権後に復学する、という強い気持ちがあれば不可能ということは全くないと思います!自分の気持ち次第、というところはあるかもしれません。

また、移民する際は手に職関連(前述の職業など)もしくは一般的なオフィス業務であるとマネージャー(管理職)レベルにいかないと移民申請のポイントを稼ぐことが出来ません。そうなりますと、やはり
一般の専攻でカレッジを出たばかりの20代前半でそのポジションを得るのはかなり厳しいと思いますので、その辺りは現実的にカレッジ入学時に色々考える必要があるかと思います。

Q:カナダの永住権か進学か、結局どうしたらいいですか?

私がカナダで大学にいっていた時など同年代の留学生(日本人含む)で永住権をとってから大学に行く、といってカレッジ2年で終えた子は誰もいませんでした。やはりみんな大学卒業をしないと就活でも不利、という考えは根強く持っていたかもしれません。でも、高卒、中卒で社長になったりIT企業に勤めて華やかな生活をしている子も知っていますのでその辺りは本当に人による・・・というところが大きいかもしれませんね。

高校留学生の方はまずカナダの高校を卒業する、ということを目標にしてください。海外進学、カナダでの進学や学位の取得を考えている方は費用の面は気になるかもしれませんが最終の目標が学歴をしっかりつけることなのか、カナダで永住権を取ることなのか優先順位をつけましょう。

学費を削りたい、といって安易に私立カレッジなどの1年コースに行くことはあまりお勧め出来ません。出来ればカナダのカレッジで2年のディプロマコースや短大卒資格を取ってから永住権を得るために就職活動されることをお勧めします。

永住権の取得方法、カナダの進学プラン、高校、大学の願書お手続きについてご質問がある方はご遠慮なくお問合せくださいね!

AN WESTHILL EDUCATIONAL CONSULTING(LIVE YOUR LIFE)代表 西岡 彩

カナダ留学、高校留学、永住権、カナダ移民についてお気軽にご相談ください。

5月に入ってカナダのバンクーバーは快晴が続き日中は気温が24-27度まで上がるようになりました。あまりここまで快晴が春に続くことは珍しいのですが今日も快晴の視察日和、ということでバンクーバーの郊外にあるデルタ学区の2校へ行っていたのでカナダ現地校の様子を写真でぜひ!ご覧ください。 デルタ学区はバンクーバー市内から車で約1時間ほどのところにある治安の良い郊外で、ビクトリアへ行くフェリー乗り場の近くにある留学生に人気の学区です。

本日はカナダBC州のビクトリア、空港から約30分ほどの場所にあるGNS(Glenlyon Norfolk School/グレンライアン・ノーフォーク・スクール)へLIVEYOURLIFEの留学アドバイザー2名と来年から入学希望のYちゃん(中3)とお母様が視察に行ってきましたので学校の様子などまとめてご案内致します!ビクトリアの街近くにあるアットホームで本当に素敵な学校で現在G9で留学している私の生徒さんがスクールツアーを担当してくれました!

本日はカナダBC州のビクトリア、空港から約40分ほどの場所にある人気の私立校St. John's Academy Shawnigan Lakeに視察同行へ行ってきましたのでその様子をご報告致します!St. John's Academy Shawnigan Lake(セントジョーンズショーニガンレイク)には弊社からも現在グレード11の生徒さんが1名、10の生徒さんが4名通われておりまして寮付きのボーディングスクールですが授業料・寮の費用が約6万ドル程度と私立の中でも費用が抑えられ、素晴らしい教育環境の中カナダの中高校留学が可能となるのでとても評判の高い学校です。IB校でもあり高校留学後の大学受験に有利となるため最近は日本からのお問合せでもIBをご希望される方が増えてきたように思います。

下見留学を希望されるお客様には私たちが現地校や語学学校の見学などを事前アレンジさせて頂くのですが、今回はノースバンクーバー学区へ行き2校見学した際に私もアテンドさせてもらったのでSUTHERLAND高校(スザーランド)とARGYLE高校(アーガイル高校)の様子を写真で皆さんにお伝え致しますね。特別にノースバンクーバー学区のスタッフさんが直々に学校案内をしてくださいました^^

今回視察へ行ってきたのはウェストバンクーバーの中でも、ダウンタウンから一番離れていて海辺に近くフェリー乗り場へ行く道で自然が沢山あるエリアに位置するROCKRIDGE高校です。日本の私立校のようにアカデミック、授業、学校校舎、課外活動なども充実していて教育熱心なご家庭が集まるエリアでカナダ人の現地高校生にも人気がある公立学区となっていますよ。

最新情報をチェックしよう!
>カナダ×留学×グローバルマインド

カナダ×留学×グローバルマインド

単身のカナダ小中高校留学、親子留学、家族移民、教育移住、、、それぞれの分野で乗り越える壁はいくつかありますが「自由に生きたい!チャレンジしたい!」という気持ちがあれば必ず納得する方向に進むことが出来ます。私と出会ってくださったみなさんが、live your life(自分らしく生きる)をモットーとした毎日ウキウキする人生を歩めるよう常に上から引っ張り、下から支えるような存在であり続けたいと思います。このウェブサイトを見てくださった皆さま、ご連絡いただけるのを心よりお待ちしております。

CTR IMG