コロナ禍のカナダ高校留学、絶対に来て良かった!(カナダ・デルタ学区:1年留学した16歳女の子より)

6-7月はカナダの高校留学を終えて日本に帰国する生徒さんが多いので
たくさん体験談を頂きます、みんなありがとう!
今日はコロナの前にお母様と一緒にカナダの高校を下見→デルタに決定し
1年の休学中にカナダの高校留学を体験したWちゃんの留学体験談です。

お名前:Wちゃん
年齢:16歳

カナダ留学期間:1年

学区:カナダBC州・デルタ学区

滞在先:ホームステイ

 

カナダ高校留学をするきっかけは?

私はカナダのデルタ地区に1年留学しました。きっかけは小さい頃から
国に連れて行ってもらっていましたが
コミュニケーションを取るにあたって必要になってくる”言語”の壁に
ぶち当たっていたことが悔しくて留学をしたいと思ったのが最初の目的でした。
英語の上達が一番の目標だったので日本人が集まらない少し郊外の学区を
いくつか西岡さんに紹介してもらい、母と実際に学校訪問してデルタ学区に決めました。

コロナ禍のカナダ留学出発で不安はありましたか?

コロナという過去に前例のない感染病が流行ったことで、やりたいことに制限がかかり
友達ができないのではないか、英語が喋れるようになるのかなどの不安はありました。
入国のことやビザのことは西岡さんやスタッフの皆さんがサポートしてくれて
その部分では不安もなく入国や自己隔離もスムーズに終わりました。
私は一度ステイ先を変えているのですが変えた先の家には三人の子供がいました。
コロナで学校の友達と気軽に遊べない時は家族と過ごす時間が多かったので
コミュニケーションをたくさん自分から取るように心がけていました。
コロナの影響で、授業はクオーター制になり2つのクラスを
10週間続けるというのが4セットある制度で1年を過ごしました。
一つのクラスにずっといるので新しい友達が出来にくいデメリットはありますが
逆にずっと一緒なので気が合う友達がクラスにいると仲良くなれます。
留学中に友達ができないと会話の数も少ないのでカナダ人の現地生徒の
連絡先をもらうところまで頑張って翻訳サイトを片手に
一生懸命会話していたのはいい思い出です。

カナダ留学中のホームステイで楽しかったこと・大変だったこと

私が遊びに行ったりできる仲の友達を作ることができたのは
留学四ヶ月目くらいのタイミングでした。
それまでは話せる友達はできてもコロナ禍で、遊びに行ったりする約束が
できない子も多かったので冬休みなどの長期休暇で友達とは遊べなくて
ホームシックになったりしました。
そんな時にクリスマスでたくさんのプレゼントをファミリーからもらえたのが
とても嬉しかったです。
家族には自分の意見をはっきり伝えたりして険悪なムードになったり
ちょっと喧嘩になることもあったけど、本当の家族としての絆が生まれました。
私のホームステイ先には毎週日曜の夜に映画をみんなで見るというルーティーンがあって
いろんな年代の映画をたくさん見ることができたのでとても楽しかったです。
ホストファミリーにはたくさんの場所につれていってもらえて、初めてスノーボードに挑戦したり
クリスマス前にあるアドベントキャンドルなどの知らない文化をたくさん教えてもらいました。
待っていても何も始まらないので家族には自分の意見はいう、自分から話しかける、
そういうことをちゃんとしていればよい関係が築けると実感しています。

カナダに高校留学して良かったこと・感想

私がカナダに高校生の間留学して一番よかったと思うことは違う国の友達を作ることができたことです。
留学先でドイツ人の女の子と仲良くなり、その子といろんなところに行ったり
一緒に宿題をしたり友達の話をするのがとても楽しかったです。
留学当初は友達を作れなかったけれど、自分にある程度英語力がついてから
できた友達だったので意思を伝えることに抵抗がなくなった分、語学力的な問題で
喧嘩になることがなくて、気を抜いて話せるようになったかなと思います。
今でもその子と連絡をとるのですが、長い時間を一緒に過ごす他の国の友達は
前の自分では作ることができなかったと思うので
今回のカナダ留学で最終的にはたくさんのことが学べたなと実感しました。

お母様より(帰国前最終レポート送付時のメールご返信)

10か月の間本当にお世話になりました。いよいよ帰国だと思うと本当に感慨深いです。
先日娘に電話したときに英語力はイマイチ成長したか自信ないけど
その他のことでは少しは成長したかも、と言っていました。その言葉が聞けてとても嬉しいです。 コロナで大変な中娘を受け入れて本当の家族のように接してくれた ファミリーにも感謝したいなと思います。
日本の学校の内部留学プランではお膳立てされすぎて学べなかったことを
娘がしっかり自分で乗り越える機会を与えてもらい本当にカナダに留学させて良かったです。
私自身も、心から西岡さんと瀬川さんにお世話になれた事をとても良かったと思います。
留学のカウンセリングや下見留学のお手配、その後のお手続きやビザのことなど
本当にお世話になりありがとうございました。

 
Wちゃん、お母様。素敵な高校留学の体験談とメッセージを頂きありがとうございました! 長期留学前にバンクーバーのオフィスでお会いしたのが本当につい先日のような感じですが その後はお手続き後にコロナになりご不安な中お嬢様を送り出されたことと思います。 思い通りにいかない、計画していたことと違う、というところでWちゃんもたくさん 悩んだ時期がありましたが、それでも前向きに高校生活を満喫しようと乗り越えて進めたことは Wちゃんの今後の人生の糧になりましたね。私たちもその頑張りに勇気をもらい 出来る限りのことをしてあげたい、という気持ちでサポートに携わらせて頂きました。 この1年で顔つきもすっかり大人っぽくなり、自分の意見もしっかり言えるようになって たくさん成長したWちゃん。カナダ留学に来てくれてありがとう。 私たちの留学サポートを信頼して利用してくれてありがとう! これからもずっと応援しています。日本の高校に帰っても頑張ってください★
AN WESTHILL EDUCATIONAL CONSULTING(LIVE YOUR LIFE)代表 西岡 彩
 

カナダ留学、高校留学に関するお問い合わせはお気軽にご相談ください

 

5月に入ってカナダのバンクーバーは快晴が続き日中は気温が24-27度まで上がるようになりました。あまりここまで快晴が春に続くことは珍しいのですが今日も快晴の視察日和、ということでバンクーバーの郊外にあるデルタ学区の2校へ行っていたのでカナダ現地校の様子を写真でぜひ!ご覧ください。 デルタ学区はバンクーバー市内から車で約1時間ほどのところにある治安の良い郊外で、ビクトリアへ行くフェリー乗り場の近くにある留学生に人気の学区です。

本日はカナダBC州のビクトリア、空港から約30分ほどの場所にあるGNS(Glenlyon Norfolk School/グレンライアン・ノーフォーク・スクール)へLIVEYOURLIFEの留学アドバイザー2名と来年から入学希望のYちゃん(中3)とお母様が視察に行ってきましたので学校の様子などまとめてご案内致します!ビクトリアの街近くにあるアットホームで本当に素敵な学校で現在G9で留学している私の生徒さんがスクールツアーを担当してくれました!

本日はカナダBC州のビクトリア、空港から約40分ほどの場所にある人気の私立校St. John's Academy Shawnigan Lakeに視察同行へ行ってきましたのでその様子をご報告致します!St. John's Academy Shawnigan Lake(セントジョーンズショーニガンレイク)には弊社からも現在グレード11の生徒さんが1名、10の生徒さんが4名通われておりまして寮付きのボーディングスクールですが授業料・寮の費用が約6万ドル程度と私立の中でも費用が抑えられ、素晴らしい教育環境の中カナダの中高校留学が可能となるのでとても評判の高い学校です。IB校でもあり高校留学後の大学受験に有利となるため最近は日本からのお問合せでもIBをご希望される方が増えてきたように思います。

下見留学を希望されるお客様には私たちが現地校や語学学校の見学などを事前アレンジさせて頂くのですが、今回はノースバンクーバー学区へ行き2校見学した際に私もアテンドさせてもらったのでSUTHERLAND高校(スザーランド)とARGYLE高校(アーガイル高校)の様子を写真で皆さんにお伝え致しますね。特別にノースバンクーバー学区のスタッフさんが直々に学校案内をしてくださいました^^

今回視察へ行ってきたのはウェストバンクーバーの中でも、ダウンタウンから一番離れていて海辺に近くフェリー乗り場へ行く道で自然が沢山あるエリアに位置するROCKRIDGE高校です。日本の私立校のようにアカデミック、授業、学校校舎、課外活動なども充実していて教育熱心なご家庭が集まるエリアでカナダ人の現地高校生にも人気がある公立学区となっていますよ。

最新情報をチェックしよう!
>カナダ×留学×グローバルマインド

カナダ×留学×グローバルマインド

単身のカナダ小中高校留学、親子留学、家族移民、教育移住、、、それぞれの分野で乗り越える壁はいくつかありますが「自由に生きたい!チャレンジしたい!」という気持ちがあれば必ず納得する方向に進むことが出来ます。私と出会ってくださったみなさんが、live your life(自分らしく生きる)をモットーとした毎日ウキウキする人生を歩めるよう常に上から引っ張り、下から支えるような存在であり続けたいと思います。このウェブサイトを見てくださった皆さま、ご連絡いただけるのを心よりお待ちしております。

CTR IMG