カナダ親子留学:語学学校に行っている間も子どもの現地校費用が無料?

こんにちは、カナダの教育・移民コンサルタントの西岡彩です。

最近、中高校留学以外にカナダへの永住・家族移住・家族留学を考えている親御さんからたくさんお問い合わせを頂いております。
(ありがとうございます!)

その中で多いお問合せ内容をQ&Aにしてみましたのでカナダ留学検討されている方の参考になればうれしいです。

Q: 親が語学学校へ行っている間も子どもの現地校費用は無料ですか?

A:ノバスコシアとケベック州(モントリオールなど)の2つの学区は、親御さんが語学学校に行っている間は6か月以上の就学ビザを取得した場合
お子さまの現地校費用が無料で提供されています。

バンクーバー近郊やBC、その他の州の場合は親御さんが語学学校に行っている間も条件付きでお子様の教育費用が無料になります。
これはカナダ全土で言えることですが公立の小学校、中学校、高校のみとなります。

バンクーバーの場合は最長1年まで親御さんが語学学校で英語コースを受けている間も子どもの教育費用は無料ですが、必ずその後に
いくカレッジ2年分の入学許可証や支払いレシートなどを提示して証明をする必要があります。詳細はまたお問合せください!

Q:バンクーバーはアジア人や日本人が多いから英語の勉強にならないって本当?

【返信したメールまま】

ご質問にあった点ですが、バンクーバーに来ても日本やアジアだらけで英語が身につかない、ということは私はないかな・・・とは思います。
実際私の弟は中国口の半分くらい、といわれる隣のリッチモンド市の中高と通いましたがアジアだから、
といって何かしら気おくれすることもなく友達もたくさん出来て英語も上達しその後カナダの大学に問題なく進学していました。
親が日本ママとばかり一緒にいる環境だと日本語を使う機会も多いですが現地校で日本はかなりマイノリティですので、バンクーバーだからといって
心配されることはないとは思います。実際今来られている親子留学のお子さんも現地校で英語を使ってコミュニケーションを取られていますし、日本人の子どもと
遊ぶときはほっとする、と仰っていましたが良いバランスが保てているということです。

Q: ノバスコシアとバンクーバーの生活費用の違いは?

ノバスコシアの場合、生活費というより居住費がバンクーバー近郊よりはかなり抑えられると思います。

だいたいですが1ベッドルームが$1,200程度、2ベッドルームでも1,500-1,800程度以内では見つかるといわれています。
バンクーバーの場合は都市部に近ければ近いほど1ベッドルームで$2,000近くするような場所もありバーナビー
リッチモンドなども同じような傾向です。

お母様が語学学校に通学しながら送迎等もされる場合は、やはりダウンタウンに近いバンクーバー市は良いと思いますし
費用を出来るだけおさえて、ということであればノバスコシアやモントリオール、あとはBCならビクトリア方面の
カレッジに進むというプランでお見積もりをされるのも良いと思います。

AN WESTHILL EDUCATIONAL CONSULTING(LIVE YOUR LIFE)代表 西岡 彩

カナダ留学、親子移住・家族留学・未成年語学留学についてお気軽にご相談ください。

5月に入ってカナダのバンクーバーは快晴が続き日中は気温が24-27度まで上がるようになりました。あまりここまで快晴が春に続くことは珍しいのですが今日も快晴の視察日和、ということでバンクーバーの郊外にあるデルタ学区の2校へ行っていたのでカナダ現地校の様子を写真でぜひ!ご覧ください。 デルタ学区はバンクーバー市内から車で約1時間ほどのところにある治安の良い郊外で、ビクトリアへ行くフェリー乗り場の近くにある留学生に人気の学区です。

本日はカナダBC州のビクトリア、空港から約30分ほどの場所にあるGNS(Glenlyon Norfolk School/グレンライアン・ノーフォーク・スクール)へLIVEYOURLIFEの留学アドバイザー2名と来年から入学希望のYちゃん(中3)とお母様が視察に行ってきましたので学校の様子などまとめてご案内致します!ビクトリアの街近くにあるアットホームで本当に素敵な学校で現在G9で留学している私の生徒さんがスクールツアーを担当してくれました!

本日はカナダBC州のビクトリア、空港から約40分ほどの場所にある人気の私立校St. John's Academy Shawnigan Lakeに視察同行へ行ってきましたのでその様子をご報告致します!St. John's Academy Shawnigan Lake(セントジョーンズショーニガンレイク)には弊社からも現在グレード11の生徒さんが1名、10の生徒さんが4名通われておりまして寮付きのボーディングスクールですが授業料・寮の費用が約6万ドル程度と私立の中でも費用が抑えられ、素晴らしい教育環境の中カナダの中高校留学が可能となるのでとても評判の高い学校です。IB校でもあり高校留学後の大学受験に有利となるため最近は日本からのお問合せでもIBをご希望される方が増えてきたように思います。

下見留学を希望されるお客様には私たちが現地校や語学学校の見学などを事前アレンジさせて頂くのですが、今回はノースバンクーバー学区へ行き2校見学した際に私もアテンドさせてもらったのでSUTHERLAND高校(スザーランド)とARGYLE高校(アーガイル高校)の様子を写真で皆さんにお伝え致しますね。特別にノースバンクーバー学区のスタッフさんが直々に学校案内をしてくださいました^^

今回視察へ行ってきたのはウェストバンクーバーの中でも、ダウンタウンから一番離れていて海辺に近くフェリー乗り場へ行く道で自然が沢山あるエリアに位置するROCKRIDGE高校です。日本の私立校のようにアカデミック、授業、学校校舎、課外活動なども充実していて教育熱心なご家庭が集まるエリアでカナダ人の現地高校生にも人気がある公立学区となっていますよ。

最新情報をチェックしよう!
>カナダ×留学×グローバルマインド

カナダ×留学×グローバルマインド

単身のカナダ小中高校留学、親子留学、家族移民、教育移住、、、それぞれの分野で乗り越える壁はいくつかありますが「自由に生きたい!チャレンジしたい!」という気持ちがあれば必ず納得する方向に進むことが出来ます。私と出会ってくださったみなさんが、live your life(自分らしく生きる)をモットーとした毎日ウキウキする人生を歩めるよう常に上から引っ張り、下から支えるような存在であり続けたいと思います。このウェブサイトを見てくださった皆さま、ご連絡いただけるのを心よりお待ちしております。

CTR IMG