Q&A カナダ高校留学、授業料支払い後にコロナで渡航不可となったらどうなる?オンライン受講ってどう?!

2020年以降もカナダ高校留学に関するお問合せ、お申し込みを多数いただいております。お問合せ段階で必ず聞かれる「コロナで渡航出来なくなったら支払った授業料どうなるの?」というご質問にお答えしたメールを張り付けておきます。是非ご参考にしてみてください!

Q: 高校留学の授業料支払い済み、コロナでキャンセルしたらどうなる?!

A:コロナでカナダの高校が休校になったらのご質問ですね。2020年1月~はビザ等全て申し込み済みにも関わらず、コロナ禍で「渡航をキャンセルしたい」という留学生には入学金と学区によって事務手数料$200-$500以外は、全額返金してもらえました。

このルールが来年以降も適応になるかは分かりませんが、渡航しないとなった場合やビザがでない場合は費用を返してもらえる可能性が高いと思います。ただすでに留学を開始し授業を受け始めた頃に休校、もしくはオンライン受講に切り替わったとしても卒業するのに授業の継続は必要ですし受講した後はしっかり正式な単位ももらえますので、受講途中の授業料をオンライン受講になったからといって返金はしてもらえないと思います。

Q:未成年の留学生がコロナ禍でも単身でカナダに滞在出来るの?

2020年の3月にコロナの実態がまだ分からない時、私はカナダ現地にいた数十名の高校性には帰国をお願いしました。(その中で2割のご家族が帰国はさせません、と言われ現地にお子様が単身で残ったケースがあります)その時はまだコロナの実態が分からず、万が一現地で何かあっても親御さんさえカナダ入国出来ない状況にあったあため、こんな有事の時は絶対日本でご家族と一緒にいたほうが良い、という判断からでした。

ただそこからコロナの状況が少しずつ分かりはじめ未成年であれば多くの場合軽傷で済む、と分かりました。そしてその後カナダ政府も入国条件をもし学生ビザで滞在している学生に何かあれば日本国籍の親御さんは特例ビザを申請すればすぐに渡航出来る、というルールも追加されました。そのため、それであればということで卒業希望や留学開始希望の方には再渡航のご案内をし、希望者のみ今年の9月から現在にかけてグレード8-12の生徒さんがカナダに戻ってきています。

Q: 今カナダの高校ってオンライン受講?どうやって授業が行われているの?

今カナダの高校はクオーター制度、といって2つの教科を2か月の間ずっと勉強して単位を取得していく形に変わっています。通常は1学期(5か月程度)で4教科勉強し、1年で8教科の単位をもらうのがカナダのシステムです。私たちもお~毎日2教科の勉強をずっとするのは大変だろうな、と思いましたが高校生は若いからなのか適応力があり「まー別に?普通です」ということで大人よりかなり冷静に状況を受け入れて今も頑張っています。

こういう情報もどう出すかによって安心感を与えるのか、もしくは恐怖を与えるのか、全然違ってくるかと思います。私は現実は現実、としてご案内しますが今いる学生さんはこうですよ、と正しく恐れてもらうために情報を提供しています。決していいことばかりいって儲けてやろう、とかもっとカナダの高校留学を希望する学生やご家族を集めよう、とは思っていません。ただエージェントさんや教育コンサルタントによっては不安を煽って集客する戦略を持っている人もいますので本当に自分はカナダに高校留学したい!と思う子のやる気がつぶされないことを願うばかりです。

Q: コロナになったから高校留学が難しい?一人じゃいけない?カナダ行かないほうがいい?

コロナ禍で日本でも世界各国でも学生は色んな大変な思いをしながら不自由な中頑張っていると思います、それはカナダも同じです。これからコロナで今より状況が悪化してまた数カ月ロックダウンになる可能性も残ると思います。うちの生徒さんたちで日本帰国せずカナダに残った子は、ホームステイファミリーと良い関係を築けている子ばかりだったのでその間も家族とキャンプしたり外に出かけたり、マスクを作って寄付をしたりと色々各々活動していました。もちろんオンライン受講は継続だったので高校の勉強も頑張っていました。
カナダ留学を考えているお子さんによってやはりカナダでの適応力が違いますしご家族によって一つの事柄の捉え方が全く変わってくるかと思います。留学をする、海外に出る、ということは成功も失敗もすべてを経験出来る貴重な機会だと思いますがそこにいつも100%の力で守ってくれる親御さんがいないというのはやはり最後まで不安要素として残るとは思います。なので、〇〇さんご家族も〇ちゃんや、応援してくださるご家族がみんな納得する方法、プランを話し合って頂ければと思います。

以上がこの数日やり取りしたメールをそのまま抜粋した留学カウンセリング内容となります。カナダ留学、高校留学に関するお問い合わせはお気軽にご相談ください。

AN WESTHILL EDUCATIONAL CONSULTING(LIVE YOUR LIFE)代表 西岡 彩

5月に入ってカナダのバンクーバーは快晴が続き日中は気温が24-27度まで上がるようになりました。あまりここまで快晴が春に続くことは珍しいのですが今日も快晴の視察日和、ということでバンクーバーの郊外にあるデルタ学区の2校へ行っていたのでカナダ現地校の様子を写真でぜひ!ご覧ください。 デルタ学区はバンクーバー市内から車で約1時間ほどのところにある治安の良い郊外で、ビクトリアへ行くフェリー乗り場の近くにある留学生に人気の学区です。

本日はカナダBC州のビクトリア、空港から約30分ほどの場所にあるGNS(Glenlyon Norfolk School/グレンライアン・ノーフォーク・スクール)へLIVEYOURLIFEの留学アドバイザー2名と来年から入学希望のYちゃん(中3)とお母様が視察に行ってきましたので学校の様子などまとめてご案内致します!ビクトリアの街近くにあるアットホームで本当に素敵な学校で現在G9で留学している私の生徒さんがスクールツアーを担当してくれました!

本日はカナダBC州のビクトリア、空港から約40分ほどの場所にある人気の私立校St. John's Academy Shawnigan Lakeに視察同行へ行ってきましたのでその様子をご報告致します!St. John's Academy Shawnigan Lake(セントジョーンズショーニガンレイク)には弊社からも現在グレード11の生徒さんが1名、10の生徒さんが4名通われておりまして寮付きのボーディングスクールですが授業料・寮の費用が約6万ドル程度と私立の中でも費用が抑えられ、素晴らしい教育環境の中カナダの中高校留学が可能となるのでとても評判の高い学校です。IB校でもあり高校留学後の大学受験に有利となるため最近は日本からのお問合せでもIBをご希望される方が増えてきたように思います。

下見留学を希望されるお客様には私たちが現地校や語学学校の見学などを事前アレンジさせて頂くのですが、今回はノースバンクーバー学区へ行き2校見学した際に私もアテンドさせてもらったのでSUTHERLAND高校(スザーランド)とARGYLE高校(アーガイル高校)の様子を写真で皆さんにお伝え致しますね。特別にノースバンクーバー学区のスタッフさんが直々に学校案内をしてくださいました^^

今回視察へ行ってきたのはウェストバンクーバーの中でも、ダウンタウンから一番離れていて海辺に近くフェリー乗り場へ行く道で自然が沢山あるエリアに位置するROCKRIDGE高校です。日本の私立校のようにアカデミック、授業、学校校舎、課外活動なども充実していて教育熱心なご家庭が集まるエリアでカナダ人の現地高校生にも人気がある公立学区となっていますよ。

最新情報をチェックしよう!
>カナダ×留学×グローバルマインド

カナダ×留学×グローバルマインド

単身のカナダ小中高校留学、親子留学、家族移民、教育移住、、、それぞれの分野で乗り越える壁はいくつかありますが「自由に生きたい!チャレンジしたい!」という気持ちがあれば必ず納得する方向に進むことが出来ます。私と出会ってくださったみなさんが、live your life(自分らしく生きる)をモットーとした毎日ウキウキする人生を歩めるよう常に上から引っ張り、下から支えるような存在であり続けたいと思います。このウェブサイトを見てくださった皆さま、ご連絡いただけるのを心よりお待ちしております。

CTR IMG